フラクショナルRF

RFフラクショナルとはフラクショナル状(点状)にRF(ラジオ波・高周波)を皮膚の上から照射することで、熱により結合組織を変化させ肌の若返りを可能にする治療です。その穴が修復するときにコラーゲンやエラスチンなどの再構築を促し、肌が入れ替わっていき若返りを実現します。

RF(ラジオ波)は、光治療では届きにくい深部にまでエネルギーを届かせることができるので、肌の奥から刺激を与え、弾力、リストアップの効果が期待できます。

”ニードル式医療用高度ナノフラクショナルRF“と呼ばれる世界初の技術を搭載した機械で、浸透性に優れる高周波エネルギーを照射することができる機器です。

他社のRFフラクショナルとの違い

  • ニードル式医療用高度ナノフラクショナルRF
  • 世界初、パルス幅可変可能なRFフラクショナル。照射直後のダウンタイム(凝固率)を軽減
  • 高密度で均等なパワーで照射し、皮膚再生を促す
  • スキャンモードで照射パターンをコントロール、照射パターンを変えることでさまざまな症状に対応し、施術中の痛みを最小限に抑える。
  • 照射跡がしっかりと確認可能。施術のオーバーラップ(過熱ダメージ)を防ぐ。

期待される効果として

にきび痕、リジュビネーション(肌入れかえ)、毛穴の引締め、小ジワ、ニキビの発生を抑える

ポイント

CO2フラクショナルレーザーやYAGレーザーよりもはるかにダウンタイムが短い。

他社の機器と比べて痛みが少ない。リジュビネーションでは麻酔不要。

ご自身の専用チップで施術。表皮に軽くピンをさし真皮に確実に均一な熱を入れる。

1ヶ月に1回の施術をおススメします。

治療時間麻酔クリームの時間を入れて、40分程度。(小範囲で、ご自宅から麻酔テープを貼ってきて頂いた場合、照射時間は10分程度です。)
施術中の痛み麻酔をする為、照射時の痛みはほぼありません。軽く熱感を感じる程度です。
照射後、当日はヒリヒリします。辛い場合はご自宅でよく冷やしてください。
術後の状態治療後は軽いヒリヒリ感、ほてり感があります。赤みは数日続くことがありますし、点状のカサブタがつきます。肌が入れ替わるので、7日ほどガサガサします。洗顔時に擦って、ザラザラを早くとらないように気をつけて、お手入れして下さい。よく保湿し、日焼け止めを塗って下さい。
メイク/洗顔同日は、メイクはできません。肌が敏感になっているので、アルコールやピーリング剤が入った化粧品はしみる可能性があるので、ご注意下さい。翌日からメイク可能です。
治療できない方ペースメーカーをご使用中の方。施術部に金属がある方(金の糸を含む)。局所麻酔アレルギーの方。強い日焼け直後の方。妊娠中の方。ヘルペスのある方。金属アレルギーの方。重度のケロイド体質の方。
治療期間4週間に一度、4回程度の施術がお勧めです。
リスクひりつきや熱感・腫れ・赤み、点状のかさぶた・ごわつき、乾燥
※稀に水疱・炎症後色素沈着・色素脱失が現れる場合があります。

よくある質問

フラクショナルニードルセラピーは何回受ける必要がありますか?

フラクショナルニードルセラピーは1回でも効果を実感いただけますが、回数を重ねると更に効果的です。
アンチエイジング(しみ、しわ、たるみなど)には2~6週間おきに5回の治療がお勧めです。
にきび跡(クレーター)、毛穴開きは、症状が気にならなくなるまで施術をお受けいただくと、きれいな状態をそのままキープできます。
フラクショナルニードルセラピーは自分の肌を再生させる治療ですので、にきび跡(クレーター)や毛穴開き、妊娠線は、いったんきれいになるとその後、定期的にメンテナンスする必要がありません。

フラクショナルニードルセラピーで傷が残りませんか?

施術を受けられて傷が残ることは、重症のケロイド体質などの特殊なケースを除きありません。