ダイエット

GLP-1ダイエット                                

GLP-1受容体作動薬は暴飲暴食をしてしまう方、炭水化物や甘い物が好きで間食の多い方、運動の苦手な方に適しています。

GLP-1はもともと体内にある血糖値を下げる働きのあるホルモンで、無理なく食欲を抑えることができるため、ストレスが少なく自然に食事量を減らすことができます。

またGLP-1は内臓脂肪の燃焼を促進する働きもあるため、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防にもなるといわれています。

当院では注射薬(週1回)と内服薬(1日1回)の2種類のGLP-1受容体作動薬をご用意しています。

<GLP-1の働き>

脳:視床下部の摂食中枢に直接作用し、早い満腹感により食べ過ぎを防止できます。

胃:胃の蠕動(ぜんどう)運動を抑え、ゆっくり消化することで食後の血糖値の上昇を緩やかにします。

小腸:インスリンの分泌を促進し、血糖値を下げる働きがあります。

よくある質問

副作用はありますか?

開始初期は吐き気・胃もたれ、便秘、下痢などの症状が現れる場合があります。

治療を続けていくうちに症状が軽減することがほとんどですが、万が一症状が強くでてしまう場合は医師にご相談ください。

GLP-1受容体作動薬で効果がでない場合はありますか?

GLP-1が効きにくい場合には、GLP-1と併用することでよりダイエット効果の期待できる内服薬(30日分3,300円)もございます。

また当院には様々な体型に関するお悩みに応じた漢方や、イベントや外食等のお食事用に単発で内服できるお薬もございます。ダイエット相談からご予約いただくことで各治療薬をご案内させていただきます。

だれでも治療は受けられますか?

糖尿病治療中の方、膵臓疾患、甲状腺疾患、癌の既往歴のある方又は治療中の方、妊娠中の方、授乳中の方はお受けいただけません。

その他、疑問点やご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。

脂肪溶解注射  

植物から抽出した成分を主成分とした脂肪溶解注射です。

脂肪細胞の数は成人になると、ほぼ増減することはないと考えられています。

脂肪溶解注射は皮下脂肪を溶かす薬剤を直接脂肪層に注入して脂肪細胞を分解し、尿や汗として体外に排出させることで痩せたい部分のみの脂肪の量を減少させる治療法です。

治療時間顔:5分程度
身体:15~45分程度
施術中の痛み極細の針を使用し、冷やしながら行います。
痛みに弱い方は塗る麻酔(別途)もございます。
メイク/洗顔直後から可能です。当日は内出血を防ぐため、長時間の入浴やサウナ、運動などは控えてください。
リスク注射後は注入箇所に筋肉痛のような痛み、腫れ(数日から1週間以上)、内出血(1~2週間)、赤み、痒みが生じることがあります。
価格顔:¥27,500
身体:¥11,000(手のひら1~2枚分の範囲)

よくある質問

副作用はありますか?

お顔の脂肪溶解注射では一時的な赤みやほてり、浮腫み・腫れの可能性(数日間)、内出血の可能性があります。お身体の脂肪溶解注射は一時的な痒み、赤み、ほてりなどの症状、1週間程度の腫れや圧痛、1~2週間の内出血、また一時的にしこりが生じることもありますが時間の経過とともに消失します。

1回で効果ありますか?

脂肪を溶かす量には限界があるため、基本的に複数回の施術が必要となります。

  2週間から1ヶ月おきに3~5回の治療をお勧めしています。